2016年1月14日木曜日



こんにちは 信です



THE 冬といった寒さが続いておりますな



風邪などひかぬよう暖かくしてお過ごし下され





昨夜はとても良い夜だった



東京に出張で来ていた親父と銀座まで繰り出し、山口産の良い焼酎のボトルを空にした



気付けば、俺が生まれた時の親父の年齢に今年俺がなる



生きている者の常で少なからず我が家にも色んな事があったけれど



今も元気でこうして一緒に笑って酒を飲んでいられることに本当に感謝



お互いスーツを着て会うことなんて滅多に無いので多少気恥ずかしい感じはしたけどね(笑)




我が家は両親とも車関係だったので家族全員車がとても好き



(当然ながら知識に関して俺は家族中の最低ランク)




親父が前から最後に乗る車はこれだと決めている車があって



店を出た後 中央通りを歩いているとその車を使った個人タクシーを見つけたので



「乗り心地を確かめよう!」とソイツに乗って親父をホテルまで送っていった



運転手の方と三人で、この車の乗り心地や加速・静かさなどの話で盛り上がり



20分くらいだったけれど、その時間も良かった



歳を取ることって自分も含めて悲観的になることが多いけれど



やっぱりそれだけじゃないよなと思えた本当に良い夜だった。ありがとう







さて本日は「LIFE」全曲解説 3曲目「傷」



この曲はアルバム中 新曲として収録された中で一番最初に作られた曲



実は一昨年くらいからライブでちょいちょいと打線に組まれていたりする



エースは善ちゃんが曲を作り、それをもらって俺が歌詞を書くというパターンが多いのだけど



ある日善ちゃんから「まこちゃんが書いた詩に曲をつけてみたいんだ」とのオファーがあり



悩んだ末に今の歌詞を書き、その後善ちゃんが曲をつけてくれた



曲をもらった時に善ちゃんの音楽センスはほんとに素晴らしいなと唸ったのを覚えている



実はアップテンポを意識して歌詞を書いたのだけど、蓋を開ければ正に180°正反対のどっしりした曲になり



しかもトラックに使われている音の一つ一つ 妖しさが並じゃない



いわゆる詩先というカタチをエースで試みた初めての曲がこの「傷」



彼は本当にすごいよ 一緒にバンドが出来ることをほんと嬉しく思う。






この曲もストーリー仕立てとなっていて登場人物はたったの二人



オスの魚とメスの蝶



簡単に言ってしまえば、ひきこもりの魚クンと自由奔放な蝶々サンのありえない恋物語。



相手は誰でもいいけれど、恋をした時のことを思い出してみて欲しい



俺たちがその気持ちを抑えきれずに踏み越える 見えはしないけど確実にそこにある一線があったはずだ



この物語の中では水面がその一線となっていて、魚クンは今も口を開けたまま空を見ている



一度は抑えきれない気持ちが彼の足となり、踏み越えたはずの一線



でも時間を経て彼がまた水の中に戻ってしまったのは



自分の過ちであり もしかしたら相手の過ちでもあり もう仕方のないこと





こんな経験はないだろうか





付き合いたての頃 とあるお休みの日



この日は暑かっただろうか 寒かっただろうか



もうそれすらも定かではない位 遠い日のことかも知れない



この日は相手がどこかに遊びに行ってしまった日で



一人部屋の中でぼんやりと目を覚ます




「そうか、今日は・・」と深くため息をつき



そこに優劣などあるはずはないのに



何故か少しの劣等感を感じてしまったこと






もし今をこれを読んで、その記憶を思い出した人や、まざまざと想像出来た人は



きっと魚くんの物語に共感してもらえると思います



ぜひ聴いてみて下さい。







次回は4曲目「アリガトイツカ」



記憶は生き続ける これは最大級の感謝を込めた 一生をかけるラブソング。








本日は2016年エースライブ初め!


CLUB PHASEでBOSSの誕生祭に参加させていただきます(★ ̄∀ ̄★)


お越し下され~!!
































































0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。